車種別カスタムパーツ改造情報まとめサイト Dress uppers

このサイトでは、自動車の車種別専用カスタムパーツや改造パーツなどを各カテゴリー別にご紹介しています。車の改造やカスタムがお好きな方は、ぜひチェックしてみてください。外装系カスタムから、ヒカリモノカスタム・吸排気系などのエンジンチューニングまで、幅広いパーツ情報を掲載しております。

マツダ プレマシーカスタムパーツまとめ。エアロ・マフラー・アルミホイールなど

このサイトでは、マツダプレマシーのカスタムパーツ・ドレスアップパーツを紹介しながら、定番チューンから、出力アップを目的とした改造まで、プレマシーのカスタム・改造にフォーカスして、ご紹介していきます。
基本的には、人気度の高いカスタムパーツをまとめていますので、あんまりニッチなパーツまでは、まとめきれていませんが、ご了承ください。


スポンサーリンク

プレマシー用エアロパーツ

STEP1. エクステリアカスタム

外装カスタムと言えば、まずコレですね。エアロパーツの装着。
プレマシー用のエアロパーツというと、
数こそ多くないですが、中々秀逸なデザインのエアロもあります。
とは言っても、デザインの好みは人それぞれなので・・・。笑
一旦、プレマシー用のエアロパーツの中でも人気のものをリスト化してみました。

プレマシー用人気エアロパーツまとめ

人気順になっていますので、上にあるものほど、
装着されているオーナーさんが多いということになります。
人と同じは嫌だ!という方は、上位のものは避けましょう。笑
こだわりのエクステリアを手に入れて下さい。

プレマシー用アルミホイール

STEP2. 足回りのドレスアップ

エアロパーツと一緒に装着したいのが、アルミホイール。
エアロパーツとアルミホイールを一緒に組む方が多い理由としては、
純正エアロとアルミホイールの組み合わせならまだしも、
エアロパーツを組んで、純正アルミ等だと、せっかくのエアロパーツが台無しになってしまう為ですね。

こちらも人気順に、プレマシー適合のアルミホイールを一覧にしました。
購入前には、必ず適合を再度ご確認下さい。

プレマシー用人気アルミホイールまとめ

4本セットで数万円のものから、50万円程度のものまで、様々なものがあります。
また、極度にインチアップする場合、扁平率が低くなるため、段差に乗り上げる際には、気を使う必要があります。
アルミホイールのインチアップにおいては、
デザイン性と実用性・乗り心地は二律背反するものだと思って下さい。
プレマシーのコーナリング性を向上させたいなら、
インチアップは最適な手段の一つになります。

プレマシー用マフラーリスト

STEP3. エキゾーストカスタム

吸排気系カスタムの定番とも言える、マフラー交換。
プレマシー用マフラーの中でも人気となっているマフラーをまとめてみました。
中には、口コミを掲載しているものもありますので、チェックしてみてください。

プレマシー用人気マフラーまとめ

購入するマフラーや現在の改造状況によって、ケースバイケースですが、
口径の大きなものの場合、ECU書き換えによる燃調マッピングの修正をした方が良い場合もあります。
購入前に、マフラーメーカーや販売店に確認することをオススメします。

プレマシー用サスペンション・ローダウンスプリング

STEP4. ローダウン・サスペンション変更

エアロパーツ&アルミホイール&ローダウンで、かなりスタイリッシュに仕上がると思いますが、これは、人それぞれの好みですね。
これはデメリットの多いカスタムなので、要検討項目です。

プレマシー用サスペンションまとめ

プレマシー用ローダウンスプリングまとめ

こちらもアルミホイールのインチアップ同様、
ローダウンすることで、走行性能やスタイリッシュさは増しますが、
日常使用においては、気を使うシーンがままあります。

【ローダウン時のデメリット】
・駐車場での輪留めにマフラーぶつからないかな・・・。とか、
・傾斜のキツイ坂道を降りきったところで、フロントのエアロ擦らないかな・・・。とか(フロントのエアロをするような場合、出際にマフラーも擦ります。)

↑は、よく起きることの一例。笑
個人的には、もうローダウンはいいやというのが、正直な感想。

プレマシー用HIDバルブ・LEDヘッドライトキット

STEP5. ヘッドライトカスタム

最近では、LEDヘッドライトキットも安くなったので、ヘッドライトやフォグランプのLED化をする方も増えてきているようですね。

プレマシー用HIDバルブまとめ

プレマシー用LEDヘッドライトキットまとめ

楽天で話題の燃費向上グッズ

カーワックスで有名な、シュアラスターの添加剤が、
いま話題になっているようです。

楽天でレビュー60件の投稿で、
燃費向上グッズとしては、かなり評価の高い4.28点を獲得しています。
走行過多の車などに使ってみてはいかがでしょうか。
ちなみに、購入者のレビュー一覧はこちらで確認できます。

シュアラスター ループLP-12(楽天レビュー:60件)

プレマシーのバラし方・カスタムパーツの取り付け方が分からない方へ

DIYでカスタムパーツの取付を行いたいけど、自信が無い・・・。
という方へ。

楽天市場でメンテナンスDVDなるものが販売されています。
こういったものを参考にしながら、DIYカスタムに挑戦されるのも一つかと思います。

プレマシーのバラし方・メンテナンス方法 解説DVD 楽天市場

マツダ プレマシーについて

プレマシーは、1999年に発売されたマツダのミニバンです。
初代には3列目シートを省いた5人乗りも存在しましたが、2005年発売の2代目と2010年発売の3代目は、すべて3列シートの7人乗りです。
2代目で採用された、カラクリ7thシートと呼ばれる2列目の中央席は、普段は助手席側の2列目シート下に座面を収納することで、広々とした6人乗りとウォークスルーを実現し、取り出すと、7つめのシートになるほか、小物入れにもなるなど、多目的に利用できるよう工夫された面白い装備でした。
3代目でも、カラクリ7thシートは引き続き装備され、しっかり座れるように座面を大型化し、3点式シートベルトとヘッドレストも付いて安全に座れるように改良されました。
3代目の外観についてはフロントドアに施されたNAGARE(流れ)デザインが、ほかのクルマにはない特徴です。プレマシーではフェンダーに設置されたターンシグナルの位置から、後方に波紋が広がる様子が、フロントドアに複雑な曲線で表現されています。自動車用鋼板にプレス加工でこのようなデザインを施したのは、初めてではないかと思います。
プレマシーは2011年から日産にラフェスタとしてOEM供給されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加